【必須】クレジットカード現金化をするにあたっての本人確認の手続きと注意点

本人確認なぜするのか?

皆さんどうもこんにちは、このサイト運営管理を実施している、ビギナーズガイドのハジメです!
クレジットカード現金化を利用するとき本人確認ってするじゃないですか?
ぶっちゃけなくてもいいんじゃなかろうか。
って思っている方も多いと思います。

だってクレジットカードでちゃんと商品購入してるし。

それに『得たいの知れないサービスに個人情報を教えるのは、ちょっと気が引ける』とも思いますよね。

わかる!
わかるんですけども・・・
現金化業者からしたら利用者は得体の知れない人なんです。
まったく知らない人にお金を渡したときに返ってくる確率は皆無です。

そりゃ、現金化業者だって訳のわかんない人にサービスを提供したくありませんよ。

業者も人間ですから!
なのでクレジットカード現金化的にも本人確認は必要な作業になってしまうのです。

はじめ6

ハジメ
と言われても『本人確認って何をどうするのかわからん!』って話ですよね!


そこで今回は本人確認で必要な物と注意することについて説明します。

事前に用意するのができるものもあるので、入金までの時間短縮に役立つのでぜひご覧ください!

\「確実」に即日入金できる店を厳選/

クレジットカード現金化優良ランキングを見る!

クレジットカード現金化をする際の本人確認のための必要書類

本人確認の必要書類はなに?

ここで本人確認のために必要になる書類は以下通りになっています。

  • 公的な身分証の写真(表・裏)
  • 利用者の自撮り写真
  • クレジットカードの情報

『ちょっと何言ってるかわかんないですね』

はじめ2

ハジメ
何言ってるかよくわかんないなら、何言ってるかわかるように紹介します!


公的な身分証の写真(表・裏)

公的な身分証の写真(表・裏)

これは身分証だけを机や床などに置いて写真を撮ります。

必要な情報は業者によって変化しますが、表裏の写真がほしいという業者もいれば表だけでいいという業者もいます。

基本的には免許証やパスポートのような顔写真ついている身分証を用意しておくと手続きはスムーズに進みます。

顔写真付きの身分証を持っていない場合は、カンタンに諦めず業者へ聞いてみましょう。

場合によっては身分証や公共料金の組み合わせで身分証をパスできるかもしれませんよ!

気をつけることはマイナンバーや銀行口座の暗証番号を求めてくる場合です。

基本的に現金化業者がマイナンバーや銀行口座の暗証番号を聞くことはありません。

その場合は悪用される可能が強いので充分に注意しましょう。

利用者の自撮り写真

例えば、ネットでまったく違う人の身分証を提出されても本当かどうかわかりませんよね?
他人のクレジットカードを使おうとする人ですから、カードの情報を盗んだり財布そのものを盗んだりも平気でするでしょう。

それはクレジットカード現金化業者も面倒ごとに巻き込まれるので避けなければいけないわけです。

なので、2段階目の本人確認が必要になるのです。

方法は、身分証を手に持ちながら自撮りをするという物です。

身分証を手に持ちながら自撮り

そうすることで、免許証の顔写真と見比べて比較できるので、本人なのかどうかを見分けることが可能になるというわけです。

この確認をしなければ、クレジットカード現金化は絶対に行なってもらうことはできません。

クレジットカードの情報

クレジットカードの情報

そして当然、クレジットカードも本人の物なのかどうかを確認する必要があります。

これを言うと、『クレジットカードの情報を提示するってマジですか?』ってよく聞かれます。

確かに、クレジットカードの情報が必要です。
と言っている業者は少なくいのでカード情報がなくても利用できると思っている人は少なくないですよね。

でも、考えてみてください。

クレジットカード現金化は商品を購入しないと利用できません。

amazonヤフーショッピングなどの大手ショッピングサイトでもクレジットカードの情報を登録しないとカードで買物できませんよね?

はじめ7

ハジメ

そんな大手ショッピングサイトでも必要な情報が、クレジットカード現金化で必要ないわけがないんです。


amazonやヤフーショッピングにいたっては、身分証がなくてもカード情報さえ入手できれば商品が買えちゃいますからね。

送り先も変更できるので上手いことやれば他人のカードで商品を買うことができるのです。

犯罪ですけどね!
そう考えると、ちゃんと写真などを見てクレジットカードの持ち主なのかを確認してくれる現金化業者の方が安全なんじゃないの?と私は思うわけです。

『でもやっぱカード情報提出するのは気が引けるわぁ・・・』

はじめ3

ハジメ
そんな方も、まだ諦めるときではありません!


中にはカードの情報が必要ない業者もいますが、基本的にその業者はamazonギフト券の買取を専門にしている業者です。

なので、クレジットカード現金化業者とは少々勝手が違うサービスの提供を実施していると言えますね。

詳しくはこちらを参考にどうぞ!

クレジットカード現金化業者で本人確認を受ける上での注意点

クレジットカード現金化業者で本人確認を受ける上での注意点

さて、確かに本人確認は必要ですがすべて業者のいいなりになってはいけません。

業者によっては本人確認を利用して必要以上の情報を入手しようとする業者も存在しているからです。

入手した情報は違法なやり取りの末、闇金や悪徳セールス会社の元に渡ってしまうのです。

そうならないために、なにが必要でなにが必要ではないのか?を知っておく必要があります。

最終的に自分を守れるのは自分ですからね。

ちゃんとした知識が自分を守る武器になるのです!
では、本人確認のときに必要な物はなんなのかを見ていきましょう。

本人確認で必要とされる物一覧

  • 身分証(免許証など)
  • クレジットカード情報
  • 住所
  • 電話番号
  • 銀行口座

基本的に必要になる身分証は上記のものになっています。

まあ、個人情報と呼べるものほとんどですね!
では、他にどのような情報を聞きだしてくるのでしょうか?
過去に経験したことのある事例を紹介します。

  • マイナンバーどこまで本人確認するんですかね。
    警察でも調べませんよ。

  • 実家の住所と電話番号知ってどうするんですかwって感じです。

  • 職場の住所代わりに出社してくれるんでしょうか?

  • 年収クレジットカード現金化業者にその情報は、必要ない。

  • 口座の暗証番号ここまで来ると直接的すぎて怖い!w

といった感じでした。

個人情報を悪用しようとしている業者なら、聞けそうなら他にも聞いてきそうですよね。

クレジットカード現金化の手順を知っている方ならわかると思うんですが、業者が使うような場面がないんです。

特に実家の住所と電話番号とか絶対に必要ないんです。

クレジットカード現金化業者を利用したとき、利用額はクレジットカード会社から請求されるので保証人を立てる必要もありません。

じゃあ、なんでそんな情報を欲しがるのか?

はじめ6

ハジメ
悪いこと考えてるからに決まってるでしょーが!


皆さんも必要ない情報の提出には注意してくださいね。

なぜクレジットカード現金化には本人確認が必要なのか?

なぜクレジットカード現金化には本人確認が必要なのか?

まあ、じゃあそもそも何でクレジットカード現金化は本人確認が必要なのか?って話ですよね。

それはクレジットカード現金化業者の営業法に関係がありました。

クレジットカード現金化業者は古物営業法に乗っ取って仕事をしている業者になっています。

そして古物営業法では本人確認が法律的に必要になります。

第十五条 古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとするときは、相手方の真偽を確認するため、次の各号のいずれかに掲げる措置をとらなければならない。

一 相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認すること。

二 相手方からその住所、氏名、職業及び年齢が記載された文書(その者の署名のあるものに限る。
)の交付を受けること。

三 相手方からその住所、氏名、職業及び年齢の電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法をいう。
以下同じ。
)による記録であつて、これらの情報についてその者による電子署名(電子署名及び認証業務に関する法律(平成十二年法律第百二号)第二条第一項に規定する電子署名をいい、当該電子署名について同法第四条第一項又は第十五条第一項の認定を受けた者により同法第二条第二項に規定する証明がされるものに限る。
)が行なわれているものの提供を受けること。

四 前三号に掲げるもののほか、これらに準ずる措置として国家公安委員会規則で定めるもの

古物営業法 (昭和二十四年法律第百八号) 第十五条

上記の文は古物営業法の第十五条の本文です。

はじめ1

ハジメ

カンタンに言うと「商品のやり取りをするときは本人確認は絶対に必要だからね!」という内容ですね。


理由としては取引相手の詳細を知らないのに商品のやり取りをしたらダメ、とか小難しいことはあるんですが・・・単純に法律で決められてるなら従うしかないですよね。
なので、原則的には本人確認の要らない現金化業者は存在しません。

存在しないはずなんですが、本人確認が要らないクレジットカード現金化業者も居るって知ってましたか?

本人確認の要らない現金化業者の謎

本人確認がない業者だとどのような利点があって、どのような欠点があるのでしょうか?
実は本人確認の要らない現金化業者はめっちゃ危険なんです。
理由は単純で現金が振り込まれることなく、お金を騙し取られる可能性が非常に高いからです。

そもそも法律に反して本人確認をやらないような業者です。

そのあとにいくら犯罪を重ねたところでなんとも思わないでしょう。

そんな業者を利用しては、ろくな目に合わないのは明らかです。

悪質業者は現金化業界には沢山存在しています。

そんな現金化業者の手口に乗らないように、騙されないようにクレジットカード現金化で資金調達を行ないましょう。

はじめ7

ハジメ

どうせやるなら安全でお得な方がいいですからね!


クレジットカード現金化で本人確認のあるなしは優良店最低条件

クレジットカード現金化で本人確認のあるなしは優良店最低条件

どうでしょう。

クレジットカード現金化と本人確認の関係性と必要性、なんとなくでもいいのでわかってもらえましたか?
ここで最後に本人確認に関する知識で重要なことをカンタンにおさらいしておきましょう。

  • 本人確認では業者に余計な情報を与えない
  • 本人確認は法律の問題なので絶対にパスできない
  • 本人確認のないクレジットカード現金化業者は充分注意する

以上が今回の本人確認に関する内容です。

業者はクレジットカードの名義人かを確認するために、利用者は悪質業者かを見抜くために本人確認が必要になるってことですね。

さて、気になるのはこの次の手順ですよね?
本人確認が終わったらいよいよ換金率の交渉と商品の購入に進みます。

と言っても商品の購入はクレジットカード現金化業者がするので私達利用者は何もすることはありません。

  • 購入する商品がなんなのか?
  • 購入した商品はどうやって送られてくるのか?
  • どのぐらいの時間で購入が終わるのか?

上記のことが気になる方は以下のボタンから参考ページをご覧ください!