【5分でできる】電子マネーの中身を換金率100%で現金化して取り出す方法!

5分でできるその場で電子マネーを現金化できる方法とは?

『電子マネーの残高をが現金化できればいいのになぁ』と思ったことはありませんか?
最近では電子マネーが利用できるところが多くなってきているので便利ではあるんですが、どうしても現金がほしいときってありますよね。

はじめ6

ハジメ
そんなとき持っている電子マネーにお金が1万円とか入っていたらもどかし過ぎて爆発してしまいそうになります。


でもそんなもどかしさを解消する驚きの方法があるのを皆さん知っていましたか?
その方法は電子マネーの現金化です。

そう、現金として取り出したいと思っている電子マネーの中身を取り出すことができちゃうんです!

はじめ1

ハジメ
今回は、そんな電子マネーの中身を現金化する方法をこのサイトの管理人であるハジメが紹介しましょう。


\「確実」に即日入金できる店を厳選/

クレジットカード現金化優良ランキングを見る!

電子マネーの現金化は返金処理が無難!

電子マネーの現金化は返金処理が無難!

ひとことに電子マネーと言っても色々な種類のものがあります。

  1. Edy
  2. nanaco
  3. iD
  4. QUICPay
  5. WAON
  6. 交通系の電子マネー
  7. その他色々!

これでも一部の電子マネーになるので10人中、10人が同じ電子マネーだけを利用しているということはありえません。

しかし、電子マネーのタイプは限られています。

つまりどの電子マネーを利用していても、タイプさえ分かっていれば問題はないということです。
基本的に電子マネーは以下のようなタイプに別れます。

  • チャージするタイプ
  • クレジットカードと紐づけるタイプ
  • 銀行口座と紐づけするタイプ

この中で一番現金化をすることがカンタンなのは、現金やクレジットカードなどで残高をチャージするタイプの電子マネーです。

ハジメ4

ハジメ

なんたってコンビニなどで商品を購入してから返金処理してもらえばいいだけですからね!


返金を利用した残高を引き出す際に注意すること

『返品で現金化するときは実際に商品を購入して大丈夫なの?』
という不安な気持ちもあるかもしれませんが、むしろ商品を購入してから返品処理してもらわなければ現金を手にすることはできません!
お金返ってこないんじゃない?と不安に感じる人も多いかと思いますが、安心してください。

ちゃんと返ってくるので!
似たようなことで心配していた人が、ヤフー知恵袋に投稿していました。

電子マネーの清算後にキャンセルするのは、とても難しい事なのでしょうか?
クレジットカードだと容易に可能なのに、電子マネーではできないということがよくわかりません。

Yahoo!知恵袋‐コンビニで電子マネー清算後のキャンセルより引用

こちらの返答は、現金による返金でよければ可能です。
という答えでした。

むしろ願ったり叶ったりですよね!

こうなる理由はとても単純で、レジに電子マネーの決済を取り消す機能が存在しないからです。
正式な取り消しの手順はあるそうなのですが、利用した電子マネーの会社に連絡したり書類送ったりと手続きが面倒なんだとか。

なので店員さんとお客さんが双方同意の上で現金での返金、希望ならば返金後にチャージという対応になることが多いんです。

ハジメ7

ハジメ
私も昔コンビニでバイトしてたときに何度かSuicaのキャンセル対応をしましたが、すべて現金での返金で対応してました!


ただし、新人の店員さんだと「処理方法がわからないのでできない」と言われる危険性もあるので注意してください!

電子マネーの残高を現金化する方法と手順

電子マネーを現金に換える方法と手順

では残高を現金として引き出す方法と手順はどのようなものなのでしょうか?
まず電子マネーの現金化をするにはコンビニを利用するのが一番です。

理由は基本どこにでもあるから!
この方法で現金化を利用するコンビニはタバコが売っているコンビニを選ぶとスムーズに現金化を利用できます。
では、まず現金化の手順を説明します。

  1. コンビニへ行き現金化したい金額分商品を購入する
  2. 購入した商品の返品を申し出る
  3. 電子マネーに返金はできないので、現金として返金される

方法としては以上になります。

はじめ1

ハジメ

ポイントとしては、購入金額を高くするためにはタバコのカートンを購入するのが一番です!



タバコ以外の商品で買い物をしようと考えると、相当な量の商品を購入する羽目になってしまいます。

1カートンで5000円以上の買物ができるので現金で1万円ほしい方は、2カートン購入してあげれば1万円は確保できます。

購入したらあとは購入する商品を間違えたとか言って返品処理をしてもらえば完璧ですね。

『返品』という方法なので返ってくるのは購入した金額分すべてが現金で返ってきます。
こちらの記事でも方法をご紹介しておりますのでご覧ください。

コンビニでの利用以外では返金できないのか?

コンビニでの利用以外では返金できないのか?

最近では電気屋などでも電子マネーで買い物ができますが、店舗によっては後日返金という形を取られてしまう場合があるようです。

コンビニでは基本的にその場で返品処理をすべて終わらせてくれるので、当日で処理が完了するということですね。

以上の結果から、コンビニ以外でするのはその日のうちに現金化できないリスクを負う可能性があるということになります。

緊急事態の場合は確実に返品の行なえるコンビニでの現金化をおすすめします。

換金するのが難しい電子マネーの現金化の方法

現金に換えるのが難しい電子マネーの現金化の方法

では他にどのような電子マネーが利用できるのでしょうか?
現金化できない、やり方がわからない!と言われているiDとQUICPay(クイックペイ)の現金化の方法を紹介します!
たしかにこの2つの電子マネーを現金化するには、自分がどのようなタイプの電子マネーを利用しているのか知る必要があります。
その方法も含めて、この2つの電子マネーも現金化できるのか?を説明します。

iDとQUICPay(クイックペイ)を現金化する方法

iDとQUICPay(クイックペイ)を現金化する方法

この2つの電子マネーはクレジットカードを紐づけることができるアプリになっています。
なので現金化の方法は基本的にどちらも同じになります。

利用するにあたって3つの利用方法があり、それぞれ利用額の請求方法が違うのが特徴です。

  • チャージタイプ事前にお金を入金しておく

  • ポストペイタイプ紐づけたクレジットカードに請求がいく

  • デビッドタイプ紐付けている銀行口座から引かれる

この3つの方法を利用して、アプリにチャージしたり紐づけたりして利用しています。

ここで問題なのがポストペイタイプだった場合です。

ポストペイだった場合、コンビニの返品による現金化作戦は利用することができません。
ポストペイタイプはクレジットカードで買い物をしているのと変わりません。

ハジメ

ハジメ

クレジットカードでの決済キャンセルは、返金ではないので現金化することはできないんですよね。


これは困った・・・。

でも思ったんですが、ポストペイはクレジットカードを紐づけしている状態なので・・・その資金調達、クレジットカード現金化でよくね?

ハジメ1

ハジメ
クレジットカードと身分証があれば現金を手に入れられるサービスを知ってますか?
それがクレジットカード現金化です!


なのでiDやQUICPayで現金化をすることにこだわらず、現金を手に入れることを重要視するならクレジットカード現金化にシフトチェンジしちゃった方がいいかと思います!

電子マネー現金化よりも早い資金調達の方法

電子マネー現金化とクレジットカード現金化を状況によって使い分ける

『電子マネーよりも早くお金を手にできんなら電子マネーの現金化やらなくてよくね?』
という考えになる方もいるかもしれません。

でも、私はそれでいいと思いますよ?
電子マネーの残高を現金にする理由は、今すぐにお金がほしいからですよね。

だったら、できるだけ手間のかからない楽な資金調達の方法を選ぶべきだと私は思います!

ハジメ4

ハジメ
そこでクレジットカード現金化を利用してみてはどうでしょうか?ということですね!


いちいちコンビニで商品を買って返金する必要もありませんし、家から出なくても手続きできちゃうので大変合理的なのでは?
この方法はクレジットカードを持っている人限定の最強資金調達方法になっています。

なので利用できる人は限られてきますよ!
もしクレジットカード持ってないよって人は即日でカードを発行できる手段があるので、そちらを利用してみてはいかがでしょう?

業者はどこを利用するべき?

問題はどこの業者を利用して現金化するかですね。

ただし、クレジットカード現金化に慣れてない方は「どこの業者を利用すればいいかわからない」という方がほとんど・・・。

はじめ2

ハジメ
そんなわけでクレジットカード現金化業者を使い倒してきたわたしが優良業者をピックアップしてみました!


それがクレジットカード現金化の優良店Answer(アンサー)です。

Answer(アンサー)

アンサーは創業から14年の確かな実績を持つ老舗現金化業者です。

利用者に寄り添ったサービスが特徴的でリピート率はなんと90%以上!

わたしも実際に利用してみましたが数ある業者の中でもかなりクオリティが高いと感じるサービスでした。

また、Answer(アンサー)はご相談・お見積りが完全無料なので、クレジットカード現金化をするときは問い合わせてみるのがオススメです。